用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

PFD管

PFD管はPF管を2重(2層)にしたものです。PF管と特徴は同じですが、2重にしたことによりPF管以上の耐熱性があり隠蔽配管はもちろん露出配管にも使用することが出来る、合成樹脂可とう電線管となります。合成樹脂製の可とう電線管には、大きく分けてPF管(PFD管を含む)とCD管があり敷設箇所によって使い分けることが重要となります。PF管は自己消火に対応している耐燃性ですが、CD管は自己消火性がない非耐燃性なので埋設配管などの隠蔽箇所で使用されます。なお、CD管はオレンジ色で識別されています。PF管はPlastic Flexible Conduit、CD管はCombined Ductから頭文字を取ったもので略称で良く呼ばれています。PF管はCD管と同じコンクリートに打ち込まれる部分のほか露出配管や土中埋設配管など、耐熱性を生かし様々な用途で使用されています。露出配管については、紫外線劣化などを考慮して、PFD管が主に使用されています。屋外使用の露出配管は内部の浸水および水が溜まらないように施工する必要があります。

一覧に戻る
ページトップに戻る