用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

PAS(気中負荷開閉器)

電柱に設置されることが多く、Pole Air Switchの略称でPAS(気中負荷開閉器)と呼ばれています。架空引込方式の場合にPASが設置され、電力会社と高圧需要家の責任分界が分かるようになっています。開閉器は、スイッチのように電流が流れている回路の切り離しが出来る開閉装置です。遮断器の役割はないので大電流は切り離すことができないため、一般的な負荷電流が流れる場所で設けられています。PASの機能は電源を確保されていないと意味がありません。一般的に、PASは制御用変圧器を内蔵し、高圧の電線路から電源を確保するものと、低圧盤から電源を供給しているものがあります。低圧盤から電源供給を行う場合、変圧器や低圧の電線路が事故により停電すると、PASへの電源も失ってしまうため事故点より上位に遮断器等がなければ、配電線波及事故に繋がってしまいます。PASの電源が確保されていれば、過電流トリップにより、波及事故を防止することができます。PASは地絡継電器付きや避雷器付きなどがあり、波及事故を防止するためにも設置は重要です。

一覧に戻る
ページトップに戻る