用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

KIPケーブル

KIPケーブルとは6,600Vキュービクル式受電施設内や高圧盤内配線、高圧電気機器内配線など使われる、屋内用の高圧絶縁電線です。すずメッキ軟動線をエチレンプロピレンゴム(EPゴム)で覆った高圧用電線で、必要に応じてセパレーターが導体と絶縁体の間で使われます。可とう性に優れているため折れにくく、取り回しが容易な点、耐熱性(80℃)、耐トラッキング特性(高電圧下において導電路形成による破損を防ぐ)に優れている点が特徴です。製造メーカーとして、フジクラ・ダイヤケーブル、昭和電線ケーブルシステム、住友電工産業などが挙げられます。電線第一種電気工事士技能試験ではこのケーブルを使って単相変圧器、三相変圧器、高圧遮断器、電流計切換開閉器等の接続の実技試験に、このKIPケーブルが使われます。

一覧に戻る
ページトップに戻る