用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

GIS(ガス絶縁開閉装置)

GIS(ガス絶縁開閉装置)とは、変電所や発電所に設置される断路器や遮断機を接地された金属製の密閉容器に収納し、無害で絶縁性能や消弧性能に優れた不活性ガスの6フッ化硫黄(SF6)ガスを充填した設備のことを言います。GIS(ガス絶縁開閉装置)は0.3~0.6MPaのガス圧を標準化したことで大幅な縮小化が可能となります。また、密閉気容器を用いたことで、内部の汚損を防ぐことができ、信頼性が高く、充電部が露出しないことにより安全性の向上や保守点検の省力化が可能な設備となります。GISはSF6ガスの管理が重要となります。SF6ガスの圧力は0.3MPaで絶縁油と同等の絶縁性能を持つため、ガス圧力が低下すると絶縁性能が低下します。そのため、ガス圧力の低下を検知し、警報の発報および遮断機の開閉ロック機能が必要となります。その他にもSF6ガス中の水分の管理(ガス中の水分量が増えると絶縁物表面に結露が発生しやすくなり、絶縁耐力が低下するため)やガス成分の管理が必要となります。

一覧に戻る
ページトップに戻る