用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

CVケーブル

CVケーブルは、銅またはアルミを導体とし、絶縁体に架橋ポリエチレンが使われています。外側は銅テープとビニルシースで覆われた構造になっていて、電力用ケーブルとして、住宅や工場、商業用施設、学校など様々な規模の建築物で広く使われる、高性能、高信頼性のケーブルです。耐熱性(最高許容温度が90℃、短絡時許容温度も230℃)にも優れ、耐光性、耐水性にも優れることから屋外での使用も可能です。また、屋内使用で20〜30年屋外使用でも15〜20年の寿命を持っています。ただし、ケーブルシースの内側に巻かれた銅テープが、極端な屈曲で剥がれることでシールド異常が発生することがありますので注意が必要です。また、高圧用のCBVケーブルは低圧用に比べ、絶縁性の向上のため外装が厚くなるため、電線管の選択で注意が必要となります。のCVケーブルを撚り合わせて、CVD(2本撚り)、CVT(3本撚り)、CVQ(4本撚り)等ケーブルもあり、電気方式にあった利用がなされています。

一覧に戻る
ページトップに戻る