用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

零相電圧検出装置

零相電圧検出装置(ZPD)とは、配電系統において零送電圧を高い精度で監視、検出するための装置です。配電線や送受電設備に広く採用されている6kv配電系統では中性点が非接地であるがゆえに、地絡電流が微細で負荷電流との区別が非常に難しく、地絡故障時の線間電圧の変動がほとんど認められません。そのため、過電流継電器やヒューズによって故障箇所を特定し、除去することは困難です。地絡を検出するという意味では接地変圧器も候補となりますが、この装置を受電設備に接地した場合、系統の対地インピーダンスが小さくなるなどの理由で不適であるため、各相の対地電圧を検出用コンデンサで一定比率で分圧し、比例した電圧を取り出すことで継電器の接続による影響を防ぎ、かつ継電器回路を各系統から分離絶縁できるZPDが採用されます。

一覧に戻る
ページトップに戻る