用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

零相変流器

零相変流器(ZCT)とは、地絡事故時の零相電流の検出する装置です。特徴として、3相分の電線を一括して変流器に貫通させ、いずれか1線で地絡が発生すると電流が流れて3相のバランスが崩れてベクトル和が0にならず2次側電流としてとして出力されるメカニズムを利用していることが挙げられます。2次側には地絡継電器を接続し、地絡時にはこの継電器が動作し、遮断機が開放されることで素早く故障箇所を電気回路から切り離し可能となります。零相変流器は、継電器、遮断機とともに漏電遮断機に内蔵され、その中で事故検知の役割を果たし、場合によっては人命に関わる事故や火災をはじめとする災害を引き起こす可能性のある漏電を防ぐ一翼を担っています。

一覧に戻る
ページトップに戻る