用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

絶縁抵抗試験

絶縁抵抗試験とは、電気回路の絶縁抵抗値が規定の数値以上であるかどうか確認する試験です。絶縁抵抗とは絶縁性能を数値で表したものであり、その抵抗値が高いほど絶縁されているということになります。すなわち、絶縁抵抗値が高ければ、漏電による、感電や火災の危険性が低いこいうことであり、説抵抗値が低ければ、漏電や感電の危険性が高いということです。もっとも多く用いられる測定方法は絶縁抵抗計(メガー)を用いた測定です。測定法は開閉器を開放させたあと低圧電路の電線相互間と電線、大地間とを測定します。絶縁抵抗測定は、絶縁不良による電気機器や電路の漏電と、それに伴う感電事故や火災とを防止するための大切な役割を担っており、保安管理上重要な測定の一つとなっています。

一覧に戻る
ページトップに戻る