用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

混色防止板

混触防止板とは、高電圧の回路と低電圧の回路とが接触すること(混触)を防ぐために設けられる板のことを指しています。一般的に低電圧の回路は、高電圧が印加されることを想定して設計されておらず、低電圧の回路に高電圧が印加されると、低電圧の回路に使用されている部品が損傷したり、損傷した部品が発火して機器全体が損傷したりしてしまう場合があります。混触は、低電圧の回路と高電圧の回路とがトランスによって接続されている場合、トランス内で発生しやすいため、混色防止板は、トランスの1次側コイルと2次側コイルの間に設置されます。また、混触防止板は、高圧側で発生した、雷サージや開閉サージ等による異常電圧による低圧回路への影響を遮断する効果も期待できます。

一覧に戻る
ページトップに戻る