用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

待機冗長運転

並列冗長運転とは、コンピューター、通信システムなどにおいて、設備の故障などによるシステムの停止を防ぐために、予備システムを常に待機させておいて、システムに障害が発生して停止した際に予備のシステムが代わりに稼働することで、全体のシステムを止めないで運用できるようにする運転方法です。コンピューターシステムにおいて、停電によるシステムの停止を防ぐためにUPSを設置することも、待機冗長運転と言えます。通常、待機冗長運転の場合、メインシステムが稼働中には、サブシステムは停止しています。そのため、メインシステムが停止した際に、速やかにサブシステムに切り替えができる、サブシステムの選択が必要です。ただし、メインシステムとサブシステムの能力を同じにする必要はありませんので、コスト的には安くすることができます。

一覧に戻る
ページトップに戻る