用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

対地電圧

対地電圧とは電線と接地点または接地側電線との間の電圧のことです。一般的には単相3線は赤、白、黒の順で並んでおり、白を接地と見なし、赤を-100V、黒を+100Vとします。単相3線式200Vでは黒-白は+100V、赤-白は-100Vとなり、黒と赤の電位差は200Vですが、接地された白線との電位差は黒・赤共に±100Vとなるため、対地電圧は100Vです。これに対し、三相200Vにおいては3線共に200Vとなるため、対地電圧は200Vです。電気設備技術基準では住宅の屋内では対地電圧は150V以下でなければいけません。しかし、一般住宅でIHやエアコン用に200Vのコンセントがあるのは、この200Vが単相三線式200/100Vの回路であり、対地電圧が100Vであるためです。

一覧に戻る
ページトップに戻る