用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

地絡方向継電器

地絡方向継電器とは、ある条件の状態になったときや条件が電気回路を開閉する電力装置である継電器の一種であり、電路において電気機器やケーブルの絶縁が劣化もしくは破壊してアーク地絡・完全地絡を起こして電路と大地の間が接触する事故を検出することができます。したがって、地絡事故が電力の受電側で発生した場合に受電側のみを遮断することで事故の範囲を限定して、上位にある配電用変電所への影響を防ぐために使用されます。地絡事故時に発生する零相電圧を零相変流器で検出、その大きさのみで動作する地絡継電器とは異なり、地絡方向継電器は零相変流器と零相電圧検出装置で零相電圧を検出して大きさと位相関係で動作します。設備内ケーブルが長くなる傾向にある最近は、地絡方向継電器が採用されるケースが増えてきています。

一覧に戻る
ページトップに戻る