用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

地絡

地絡とは、ある電位差(高圧)を持つ電子回路などが大地と電気的に接続される状態のことをいいます。わかりやすく言えば、ある電気回路と大地が短絡(ショート)した状態にあることで、これは漏電状態の一種ともいえます。三相交流で1線もしくは2線が地絡した場合には三相の負荷の平衡が崩れてしまい、大地に対して高圧となるために零相電圧、零相電流が発生します。当然大地との間に地絡電流も流れます。これが人に通電した場合感電となり心臓停止などの症状を引き起こすこともあるため大変危険です。そのため地絡を検出するために零相変流器や設置型計器用変圧器で異常な電流や電圧を検出して保護リレーが操作し、被害を最小限に抑えるようにしています。

一覧に戻る
ページトップに戻る