用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

力率計

力率計(りきりつけい)とは、力率を測定する測定器のことです。力率とは、有効電力と皮相電力の比率のことで、計算式により求めることができますが、力率計があれば直接力率を計測することが可能です。使い方は、電源側と負荷側をつないでいる2本の線を力率計につなぎ、メーターを読みます。力率計の目盛りは、メーカーなどによっていくつか種類がありますが、アナログ式の場合、0.5~1~0.5などのように左右対称の目盛りがあり、12時の方向が力率1を表し、左方向に遅れを、右方向に進みを表すのが一般的です。なお、力率計がなくても、オシロスコープにより電流ベクトルと電圧ベクトルを測定し、その位相差から力率を求めることも可能です。

一覧に戻る
ページトップに戻る