用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

並列冗長運転

並列冗長運転とは、コンピューター、通信システムなどにおいて、設備の故障などによるシステムの停止を防ぐために、全く同じサブシステムを複数台常に稼働させておいて、一つのサブシステムに障害が発生した際にも、残りのサブシステムが負荷をカバーして稼働することで、全体のシステム運用を止めないようにする運転方法です。停電時のシステム停止を防ぎ、また設置したUPSの故障による運転停止を防ぐために、複数台のUPSを設置するのもその一例です。複数のサブシステムが常に並行して処理を行うため、システム全体が停止するリスクが少ない信頼性の高さが特徴です。ただし、通常、サブシステムのスペックを同じものにしなくてはいけない点、分散処理のため、サブシステムの負荷は低くなり運用効率が低下する点などの短所があります。

一覧に戻る
ページトップに戻る