用語集

  • WE are Wave Energy
  • マイナビ2019

用語集

ホットスポット現象

ホットスポット現象とは、太陽光発電システムのパネル内にて大きな抵抗がかかり、その部分が熱を持つ現象のことです。大きな抵抗がかかってしまうのは、ハンダ不良等の製造上の不具合によるセルの破損や鳥のフン、落ち葉の付着等によりパネル部の一部が影になることが原因です。影になった状態が短期間であれば問題ありませんが、長期間続くとセルの破損や発火が起こる可能性があります。これは、太陽光パネルがセル間・ストリング間を直列接続で構成しているため、影になり発電をしないパネルが抵抗体となり、発熱やシステム全体の発電量の低下が起こるためです。ホットスポット現象の対策の1つとしてバイパスダイオードを太陽電池に並列接続することがあります。抵抗となった部分に流れる電流をバイパスダイオードに流すことで、抵抗となった部分を保護し、システムの発電量の低下を防ぐことができるのです。

一覧に戻る
ページトップに戻る